上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

いつもよりちょっと遅くなった朝の散歩。

小学生の登校時間と重なった。

夢とダークを連れている私のところへ寄ってきた小学生。

小5くらいのお姉ちゃんと小2くらいの弟。

「さわってもいい?」から始まって
自分のうちでもゴールデンとチワワとミックスと
全部で5匹くらい飼っていることを話してくれた。

「いっぱいいて楽しそうだね♪」と私。
「うん。でもね、ゴールデンはもうどこかにやっちゃうの、大きいし。」とお姉ちゃん。
すると側にいた弟が「えっ!!ほんと!?」と驚いている。

どこかにやっちゃう、大きいから」という言葉に
私もドキッ。

(子供って正直だから、家の中で親が言っている言葉をそのまま言っているんだろうなぁ。)

恐る恐る聞いてみた、年齢を。

「私が生まれる前からいたから、たぶん10歳以上だよ」・・・・・

なんだかいたたまれなくて
「学校に遅れちゃうから、もう行った方がいいよ」とその子達と別れた。


細かいことはわからない。
10歳過ぎの大型犬といえば先はどのくらいだろうか。
かわいがってくれるところに貰われていくかもしれないし、
最悪のことにはならないかもしれない。

今のこの世の中、人間の生活にもいろいろと事情ができて
飼いきれなくなることもあるかもしれない。
頭の中でいろんな事がグルグル。

でも

でもね

なんだかとっても気になる言葉・・・・・


実際はどうなのかわからないけど

どうか、そのゴールデンがいつまでも穏やかに暮らせますように。



コスモス2

                                              byらんまま

スポンサーサイト
2009.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ourdog.blog29.fc2.com/tb.php/111-f522c3a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。