上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

このところ父さん&ダークの男組の影に隠れて登場していなかった夢ちん。

実は2月の3日の夜、緊急手術をする羽目になりました・・・


100207_46.jpg

2月の3日、夕食を8時ちょっと前に食べた夢。
食べてほんの10分くらいしてから、なんとなく様子が変・・・・

やたらに右足を後ろに伸ばしたり、お腹をぴたっと床に着けて伏せをして、じっと固まったり。
お腹を触ってみても特に膨らんでいる感じはしない。
水は少し飲むけれど、やっぱりなんか???
様子がおかしい。

食後、暴れた訳でもないけれど、「胃捻転」という言葉が頭をよぎり、
まさかと思いつつも、慌ててかかりつけの病院に連絡し、駆け込む。

病院に着いてもやっぱりやたらに伸びをしながら落ち着かない。
試しに先生が鶏のささみを出すと・・・・・・
食べる夢。

胃捻転とかであれば、食べられないはずだと先生。
しかし、お腹を触るといやがるようになり、
吐きたいけど吐けない状態になる。
レントゲンを撮ってみるとやはり明らかな異常が見られ
緊急手術開始。

10時半から始まった手術。
終わったと連絡があったのは1時半。

結果、まず十二指腸に癒着がみられ、脾臓が捻転、胃も捻転しかかっていたとのこと。
十二指腸の癒着を取り、脾臓を摘出。胃洗浄。
手術中、胃はみるみる膨らんでしまったらしい。

48時間は要注意、と言われた2日間も無事に過ぎ
6日の夜、取りあえず退院。
8日の血液検査では色々な数値も落ち着いて来た。

手術から1週間経って、術後の経過は良さそうで、ひと安心。

よくよく先生に話しを聞いてみると
表面は23針縫ってあるけれど、中はおそらくあちこち100針以上。
出血もひどく臓器の色もかなり悪くなっていたとかで、
かなり大変な手術だったらしい。



脾臓の捻転と胃も捻転しかかっていたのに、ささみを食べた夢ちん。
お腹を開けてみてわかった夢の胃拡張。

胃拡張だったせいもあり、捻転を起こした直後でもささみが食べられたのか?と先生も???
とにかく捻転を起こしていて物を食べたワンコは見たことがない、と。

あんな状態で、物を食べた夢は例外中の例外か!?
(それとも、単なる食いしん坊!?)

IMGP1097.jpg

今はへそ天で寝ている夢ちん。

かなり少ない量の療養食しか食べられずに、文句言いまくりの夢。

無事で本当にほんと~~によかった♪

                                            byらんまま

スポンサーサイト
2010.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ourdog.blog29.fc2.com/tb.php/128-e5aebcd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。