上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夏の暑い時期にはほとんど行かなかったお山。
このところちょこちょことまた、行きだしている。

で、今までは人,一人歩くのがやっとくらいの道幅のあちこちで
木が伐採されていたり、草も刈られていたりと
とっても歩きやすく、広々~って感じになってます。

いつも「お山」と言っている、この散歩コース、
実は鎌倉市に残された貴重な里山である台峰と呼ばれるところ。

長年に渡る市民運動が実り、 鎌倉市が業者から買い取りを決め、
開発から逃れました。

里山を守る、と言うことに関して、

森の自然環境を考慮しながら、人間がある程度手を入れて里山を守る、
と言う考えの人たち。

それとは別に、人間は一切手をつけずにあるがまま?の姿で里山を守る、
という考えの人たちがいて、
いろいろとせめぎ合っている、 という話しを聞きました。

茂みが減って、歩きやすくなるのは良いけれど、

うっそうとした道をワイルドに
かき分けながら行くのも結構楽しかったり。

素人の私には、果たしてどっちが良いのかわかりませんが、
このお山はワンコ達のお散歩には最高の場所。

そこが住宅地にならなかった事が、なにより幸せなことです。

↓ここも以前は草ボウボウで、
草を刈ったら、こんなに広かったの?っていう感じ。
クモの巣ばらいしながら歩くほどでした。
IMGP2674.jpg

で、私が一番気になっていたこの先の、ある場所。

まさか、あそこまで綺麗に刈られちゃってないよね?
と心配になりながら進むと


ありました♪


「ととろのトンネル」(勝手に命名)
20060304_029.jpg
(2006年6月撮影 夢ちん2歳の頃)


両側に生えた細い竹でできたトンネル。
IMGP2677.jpg 

以前はこのトンネルを通ってから、ちょっとした崖をのじのぼり・・・
という道を歩いていたんだけど、今回はトンネルがあることを確認できたので
戻ることにしました。

11歳のダーク坊、手を貸してあげないと自力では崖を登れませ~ん。
今度、父さんも一緒の時にまたいこうねっ。


というわけで、別のルートでさらに進みます。



ここもいつのまにか丸太のベンチらしきものができていて
ちょっとした見晴台に。
IMGP2679.jpg

この後、いつもの休憩地、遠くに円覚寺が見える広場で休憩。


帰るころには夢ちんの体にも
IMGP2685.jpg

IMGP2692.jpg


ダークの体にも
IMGP2687.jpg
IMGP2694.jpg

IMGP2693.jpg

いろんなお土産、ついてました♪

IMGP2702.jpg 

            byらんまま

スポンサーサイト
2011.10.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ourdog.blog29.fc2.com/tb.php/196-0810d14c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。